男性のカラダ

体の臭い男は嫌われる【臭い匂い撃退除去法】

投稿日:2018/07/19 更新日:

体の臭い男は嫌われる

毎日暑いですね。今年2018年の夏は、記録的な猛暑続き。
当然毎日たくさん汗をかきますよね。

この時期こそ、自分の体の匂いをしっかりケアしておかないと、本当の 臭い男 になってしまいます!

実はほとんどの男性が、自分の匂いに気づいていない

あなたは、自分の匂いってご存知ですか?

実はほとんどの男性が、自分の体の匂いについえ無頓着です。

それは、自分の匂いに鼻がなれてしまって、何も感じないようになっているからです。
このような自分の匂いに慣れすぎてしまって気づかない状態になっていることを、「馴化(じゅんか)」と呼びます。

一方で、例えば人の家に行った時って、自分の家とは少し違う匂いを感じたりしませんか?
他人の匂いには気づくのに、自分の匂いには気づかない。

世の中の多くの男性は、この馴化により、自分の体の匂いは感じなくなっている状況にあると理解することろからはじめましょう。

 

臭い体はマイナスなことばかり

周囲の女性が近寄ってくれない

人の匂いを一番感じるのは、やはり人が密集する所ですよね。通勤、通学の電車の中は、その代表例ではないでしょうか?

そして、特に女性は臭い男性を嫌がります(一部の特殊な人を除いて)。
見るからに汗だくで臭そうな男には、誰だって近寄りたくないものですよね。

別に汗を書いているように見えなかったとしても、なんとなく漂う、言いようのない臭い匂いは、発している本人よりも、周りが不快なものです。

女性が男性に近づきたくない理由ナンバーワンとも言えるのが、この「体の臭い匂い」です。

 

不潔でだらしない人間だと思われてしまう

体が臭い人は、「不衛生にしているから臭いんじゃない?」と思われがちです。

さらに、自分の身支度もロクにできないだらしない人、とも周囲から見られてしまうかもしれません。

これがもし、会社でのあなたの仕事の評価に繋がったりするとしたらどうでしょう。

女性が近寄って来ないだけならまだしも、本当は能力があるのに、そんなことで評価が悪くなってしまっては非常にもったいない。

これを機に、自分の匂いとしっかり向き合ってみましょう。

 

臭い男は嫌われる

臭い男は嫌われる

 

匂いの種類とその原因

男の体の匂いには、いくつか種類があります。

どのような種類があるのかを知らなければ、適切な対処方法がわかりませんよね。
では、順番にみていきましょう。

 

ワキ汗臭

臭いと言えばいかにもな汗(アセ)。その代表格と言えば、やはりワキ汗臭でしょう。
でも実は、その汗自体は別に臭い訳ではないんです。

では、なぜ汗が臭くなる=汗臭になるのかを、順番に解説します。

 

ワキ汗臭が発生する仕組み

step
1
エクリン汗腺とアポクリン汗腺から汗が分泌


まずは、汗の発生源から。

全身に分布するエクリン汗腺と、ワキや乳輪などのごく一部に分布しているポクリン汗腺から、汗が発生します。

もちろん、汗自体に匂いはありませんので、この時点では臭くないです。

 

step
2
皮脂と汗が混ざりあう


続いて、皮脂線から皮脂が分泌されます。
そして、皮脂が汗と混じり合います。
この時点でも、汗および皮脂は臭くありません。

 

step
3
皮膚にいる最近がこれらを食べて分解


我々の皮膚の上には常在細菌という菌がいます。

この菌が、汗と皮脂が混ざったものをパクパク食べます。
そして、それを分解・代謝するのですが、その排出物が臭い匂いになるのです。

というとは、汗自体を無くしてしまえば、細菌が食べるものがなくなって、匂いも発生しなくなるという訳です。

ポイント

汗臭を抑えるには、汗そのものをなくせばいい!

 

ワキ汗臭は20代がもっとも強く発生するといわれていますが、原因がワキの汗だけに、30代でも40代でも、年齢に関係なく発生するものです。

毎日しっかりと気をつけて、ケアしていきましょう。

 

ミドル脂臭

こちらもワキ汗臭と同様に、まずは発生のメカニズムを見ていきましょう。

 

ミドル脂臭が発生する仕組み

step
1
皮脂腺から皮脂が分泌


まずは、皮脂線から皮脂が発生します。

 

step
2
皮膚の細菌が皮脂を食べ、中鎖脂肪酸を排出


皮膚に存在する細菌が、皮脂をエサとして代謝分解し、中鎖脂肪酸を排出します。
これはいわゆる「頭皮のにおい」で、ニオイは弱く不快ではありません。

 

step
3
エクリン汗腺から汗が分泌


こちらは、上記ど同様、いわゆる「汗」のことです。

 

step
4
ブドウ球菌が汗をエサに、匂いを分泌


皮膚の細菌のひとつであるブドウ球菌が、汗の中の乳酸をエサとして代謝・分解し増殖します。
その後「ジアセチル」という不快なニオイ成分を排出します。

 

step
5
ジアセチルと中鎖脂肪酸が混じり、ミドル脂臭が発生


使い古した油のようなニオイのジアセチルは、中鎖脂肪酸と混ざることでより一層悪化し、「ミドル脂臭」に変化します。
この「ミドル脂臭」は皮脂に蓄積され、オヤジ臭い匂いがしみついていくのです。

というとは、ジアセチルが発生しなければ、匂いも発生しなくなるという訳です。

 

ポイント

ミドル脂臭を抑えるには、ジアセチルを生み出すブドウ球菌そのものをなくせばいい!

 

 

加齢臭

最後は「加齢臭」について。

こちらは50代半ば以降から本格的に発生すると言われています。

胸や背中などの体幹部を中心に発生する皮脂成分が酸化することで発生し、枯草のようなニオイが特徴です。

その発生のメカニズムを見ていきましょう。

 

加齢臭が発生する仕組み

step
1
皮脂腺から皮脂が分泌


まずは、ミドル脂臭と同様に、皮脂線から皮脂が発生します。
年齢を重ねるごとに、皮脂に含まれる脂肪酸「パルミトレイン酸」が増加します。

 

step
2
空気中の酸素により、皮脂が酸化


皮脂が空気中の酸素と触れることが、酸化が進行します。

 

step
3
パルミトレイン酸が酸化して、ノネナールに変身


パルミトレイン酸も、皮脂と同様に酸化され、ノネナールという成分に変化します。
これが「加齢臭」のニオイの成分です。

というとは、皮脂の酸化を防げれば、匂いも発生しなくなるという訳です。

ポイント

加齢臭を抑えるには、皮脂の酸化の前と後のお手入れをすればいい!

 

 

 

以上、いろいろな臭いの発生源があることがわかってきました。
あなたが気になるのはどの臭いだったでしょうか?
次はそれぞれに対する、臭いの種類別の撃退方法をご紹介します。

匂い撃退ミサイル

臭い匂いを元から撃退

 

 

 

臭い匂いの撃退方法

匂いには様々な種類があることが判ったところで、それぞれの対処法について考えていきましょう。

 

ワキ汗の抑制方法

ワキ汗から発生する匂いの源は、何と言っても「汗」そのものです。
それを、細菌が食べて分解するから、臭くなってしまうのでしたね。

ですから、ワキ汗自体を直接除去したり発生を抑制することで解決できます。

ワキ汗の抑制方法

デオドラント剤を活用するのがおすすめ!

デオドラント剤もいろいろありますが、その中でも特にオススメなのはこちら。

ワキに直接塗るクリームタイプのものが、しっかりと密着して効果長持ちです!

【メンズ専用 NULLデオドラントジェル】

 

 

ミドル脂臭の除去方法

40代になると男性がよく汗をかく部位は「ワキ」から「後頭部~首の後ろ」へと変化していくようです。

「後頭部~首の後ろ」の汗が多くなると「ミドル脂臭」が発生する可能性が高くなります。
さらに、加齢により頭皮脂が粘性の高いねっとり頭皮脂に変化し、「ミドル脂臭」はその頭皮脂にも蓄積します。

ミドル脂臭の撃退方法

殺菌力が高く、ねっとり頭皮脂もごっそり落とせるシャンプーがおすすめ!

男性用シャンプーもいろいろありますが、その中でも特にオススメなのはこちら。

頭皮のケア、ニオイを防ぐ【「柿のさち」スカルプシャンプー&コンディショナー】

 

 

 

 

加齢臭の撃退方法

「加齢臭」は皮脂成分が酸化されることで発生するのでしたね、

細菌の代謝によって発生するわけではないので、消臭成分の配合された防臭効果のあるボディソープを使ったり、ボディペーパーで皮脂をこまめに拭き取ったりするとよいでしょう。
入浴時には、背中の洗い残しがないように注意することがポイントです。

ミドル脂臭の撃退方法

消臭効果の高い、ボディシャンプーがおすすめ!

加齢臭対策のボディソープはたくさんありますが、その中でも特にオススメなのはこちら。

ニオイ対策ボディーソープ アジカ

 

 

まとめ

男が気になる臭い匂いには、3つの種類があることがわかりました。

ポイント

  • ワキ汗臭
  • ミドル脂臭
  • 加齢臭

そして、それぞれの匂いの撃退方法も違うということでした。

匂いの種類別 撃退方法

  • ワキ汗臭=デオドラント剤
  • ミドル脂臭=頭皮脂に強いシャンプー
  • 加齢臭=消臭効果の高いボディソープ

 

まだまだ猛暑が続く2018年夏ですが、周囲の女性に嫌われないよう、毎日の匂いケアは念入りに行いましょう!

かめぞう
僕は全部の匂い対策を毎日やっています。

-男性のカラダ
-, ,

Copyright© 筋トレダイエットアカデミー , 2018 All Rights Reserved.